吉田 穂高
Hodaka Yoshida

版画家/printmaker
yoshida_portrait2

戦後の日本の版画界を導く。 日本を代表する木版画一家の環境にあって、ポップな表現としての版画技法も取り入れ幅広く制作。 後半生においては大きなテーマとして、メキシコの風景があり、旅と制作が繰り返され、壁のシリーズへと結実した。

 
赤の壁
1992・1994
木版・亜鉛凸版 9作品
 
 
 略歴

 

1926 東京に生まれる 父吉田博(洋画家・版画家)、母ふじを(水彩画家)

1944 東京高師付属中学(現筑波大付属高校)卒業

   旧制第一高等学校理科甲類入学

1990 紫綬褒章受章

1995 11月2日逝去 行年69歳

   勲四等旭日小綬章(芸術文化功労)受章

 

 主な個展

 

1973 メキシコの旅より I  村松画廊/東京

1974 20年20点展  ギャルリーワタリ/東京

1988 吉田穂高版画展  町田市立国際版画美術館/東京

1989 吉田穂高展  福岡市立美術館

1998 大回顧展  ハンガリー美術アカデミー/ブダペスト

 

 歿後

 

1977 吉田穂高展  三鷹市美術ギャラリー/東京

   吉田穂高展  須坂版画美術館/長野

2002 吉田ファミリー四世代8人展  米国ミネソタ州立ミネアポリス美術館

 

 主なグループ展

 

1956 現代の版画-日本とエコール・ド・パリ 東京国立近代美術館

1957 東京国際版画ビエンナーレ(’66まで) 

1959 中南米巡回現代日本美術展

1961 日本国際美術展(’63も)

   パリ青年ビエンナーレ ルガノ白と黒国際展 賞受賞  

1962 ルガノ市立美術館/スイス

1963 リュブリアナ国際版画ビエンナーレ(’73~’81も)

1967 ザイロン国際木版画トリエンナーレ サンパウロビエンナーレ

1972 ソウル国際版画ビエンナーレ 大賞受賞

   クラコフ国際版画ビエンナーレ(’76まで)

1973 ビエラ国際版画賞展(’76も)

   世界版画コンペテション 特別エディション買上賞受賞  

1974 サンフランシスコ フレッヒェン国際版画ビエンナーレ(’76も)

   ノルウェー国際版画ビエンナーレ

   イビサ・グラフィック展(’79も)

   セゴヴィア国際版画展

1975 国際ミニアチュア版画コンペティション受賞  ニューヨーク

   グラフィカ・クリアティヴァ国際版画トリエンナーレ  フィンランド

1976 リエカ国際オリジナル・ドローイング展 国際審査員名誉賞  ユーゴスラヴィア

   英国国際版画ビエンナーレ

1977 ウィーン国際版画ビエンナーレ

1979 現代日本絵画中国巡回展

1980 アジア現代美術展  福岡市立美術館

   現代版画の一断面展  東京都美術館

1981 世界の現代版画25年展  東京都美術館

   バルナ国際版画ビエンナーレ(’83も)

1982 ベルギー国際版画ビエンナーレ

   近代日本の美術1945以後展  東京国立近代美術館

1984 版画の今日展  埼玉県立近代美術館

   インター・グラフィック’84展  東ベルリン

 

 主な収蔵先

 

東京国立近代美術館
東京都美術館
埼玉県立近代美術館
宮城県美術館
栃木県立美術館
神奈川県立近代美術館
兵庫県立近代美術館
ニューヨーク近代美術館
メルボルン国立美術館
プリンス&アルバート美術館
パリ国立図書館

 

 関連ニュース

 

2013.06.27 「The Yoshida Family :Three Generations Print Artists」 /シカゴ美術館