作家自身による描版・制作

木版画

 

木版画について

  • 水性木版 浮世絵に代表される、水性絵の具とバレンや木版プレス機を使い制作する方法です。
  • 油性木版 油性インクを版の上にゴムローラーで伸ばし、木版プレス機で刷ります。
  • 水性、油性木版の併用もできます。また亜鉛凸版や樹脂凸版との併用で写真製版も可能です。
  • 最大イメージサイズ :約1200mm ×2400mm
木版刷り

 

制作の概略

  • 工房にお越しいただいての描版が中心となりますが、版をお持ち帰りいただきご自宅で彫りの作業をすることも可能です。
  • 校正刷りは工房で行います。色校正に立ち会っていただくことも可能です。
    校正刷り完了後、エディションを刷らせていただきます。 

お見積方法の概略

校正代(時間計算)、本刷り代(枚数、色数、サイズ等で計算)、材料費等の合計

 

木版画の制作例

13thoughts,april 

津上みゆき『View from 13 thoughts, April』
水性木版、リトグラフ

 

 

 

 

 

 
 

 

工房による描版・制作

木版画

 

木版画について

  • 水性木版 浮世絵に代表される、水性絵の具とバレンや木版プレス機を使い制作する方法です。
  • 油性木版 油性インクを版の上にゴムローラーで伸ばし、木版プレス機で刷ります。
  • 水性、油性木版の併用もできます。また亜鉛凸版や樹脂凸版との併用で写真製版も可能です。
  • 原画等を元に木版を制作します。再現性では他の技法の比較になりませんが、木版画ならではの風合いを利用することで、別のオリジナル性を出すことが出来ます。
  • 最大イメージサイズ :約1200mm ×2400mm
木版彫り

 

制作の概略

制作の流れをご覧ください。

 

お見積方法の概略

校正代(時間計算)、本刷り代(枚数、色数、サイズ等で計算)、材料費等の合計

 

木版画の制作例

けぬる01

山口藍『けぬる』
水性木版