鷹野 隆大
Ryudai Takano

写真家/photographer

実在している人物そのものの姿を写し、ジェンダーの視点を問う男性ヌード写真は鷹野隆大の表現の主軸と言える。
そしてそれと平行して日々数多く撮影されている、身の回りの何でもない風景。その風景の向こうには生き死にの境界が垣間見える。
More info→ YUMIKO CHIBA ASSOCIATES

Photographer.
The plane figures of real characters, Takano’s male nudes cast questions of gender to us. This is his main theme.
And his routine works of numerous landscapes, those are so quotidian and banal that we can find easily everyday. These photographs let us see some boarder between life and death.

 
maria2001-ab
2012
silkscreen
 
 
 略歴

 

1963年 福井県生まれ

2006年 第31回木村伊兵衛写真賞受賞

東京都在住

 

 主な個展

 

1996 「集合する肉体」イル・テンポ(東京)

1999 「人体-その等倍という幻想」ツァイト・フォト・サロン(東京)

2000 「ヨコたわるラフ」ツァイト・フォト・サロン(東京)

2002 「Twelve Messengers(十二使徒)」ツァイト・フォト・サロン(東京)

2005 「Common Sense」ツァイト・フォト・サロン(東京)

2006 「イン・マイ・ルーム」ナディッフ(東京)

   「第31回木村伊兵衛写真賞受賞作品展 In my room」コニカミノルタプラザ(東京)

   「男の乗り方」ツァイト・フォト・サロン(東京)

2006-07 「ぼくの部屋」ギャラリーM(東京)

2007 「毎日写真」GALLERY at lammfromm(東京)

2008 「毎日写真」ユモコチバアソシエイツ ビューイングルーム(東京)

   「ぱらぱら」ツァイト・フォト・サロン(東京)

   「ゆらぎ」カームアンドバンクギャラリー(東京)

2009 「おれと」ナディッフアパート(東京)

   「公開制作46 記録と記憶とあと何か」府中市美術館(東京)

2010 「イキガー」ギャラリーラファイエット(沖縄)

   「それでも、ワールドカップ」東塔堂(東京)

   「金魚ブルブル」ツァイト・フォト・サロン(東京)

 

 主なグループ展

 

2000 「VOCA展2000」上野の森美術館(東京)

2001 「手探りのキッス」日本の現代写真」東京都写真美術館(東京)

2002 「手探りのキッス」丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(香川)

   「Japanese Contemporary Art展」トルコ中央銀行ギャラリー(イスタンブール)

2003 「Mask of Japanese Contemporary photography」aura gallery(上海)   

2004 「日常の変貌」群馬県立近代美術館(群馬)

   「out of the ordinary/extraordinary」
   (カーサ・アジア、バルセロナ、スペイン、その他、現在も各国を巡回)

   「85/50:幻のつくば写真美術館からの20年」せんだいメディアパーク(宮城)

2005 「ポスト・ジェンダー」ティコティン美術館(ハイファ/イスラエル)

   「現代日本芸術祭」ヘイリ芸術村(ヘイリ/韓国)

2007 「Japan Caught by Camera-Works from the photograpic Art in Japan」上海美術館(上海/中国)

2007-08   「A Private History」フォトグラフィックセンター(コペンハーゲン/デンマーク)
   VB-フォトグラフィックセンター(クオピオ/フェンランド)

2008 「液晶絵画展 スティル|モーション」
     三重県立美術館(三重)、国立国際美術館(大阪)、東京都写真美術館(東京)

   「鷹野隆大×尾仲浩二 上海二人展」ギャラリー街道(東京)

   「写★新世界」せんだいメディアパーク(宮城)

   「Backlight 2008 Tickle Attack 8th International Photography Triennial」
   エキシビジョンセンターTR1(タンペレ/フィンランド他)

2009 「Daegu photo Biennale 2008」EXPO テグエキシビジョンアンドコンベンションセンター(テグ/韓国)

2009-10   「PARIS PHOTO 2008」カルーセル・ドゥ・ルーヴル(パリ/フランス)

2010 「第5回 太宰府天満宮アートプログラム 高松次郎|鷹野隆大”写真の写真”と写真」
   太宰府天満宮宝物殿(福岡)

   「中国現代美術とも出会い-に中当代芸術に見る21世紀的未来」栃木県立美術館(栃木)

   「貴方を愛するときと憎むとき」沖縄県立博物館・美術館(沖縄)

   「まばゆい、がらんどう」東京芸術大学美術館(東京)

   「私を見て!ヌードのポートレイト」東京都写真美術館(東京)

2011 「木村伊兵衛写真賞35年周年記念展」川崎市民ミュージアム(神奈川)

   「Beyond The Borber」Tangram Art Center(上海/中国)

   「スナップショットの魅力-かがやきの瞬間-」東京都写真美術館(東京)

   「写真分離派宣言」ナディッフ(東京)

   「MODERNITY STRIPPED BARE」University of Maryland(ワシントン/アメリカ)

 

パブリックコレクション

 

東京都写真美術館
国際交流基金
川崎市民ミュージアム
上海美術館
太宰府天満宮

主な 取り扱い画廊

 

YIMIKO CHIBA ASSOCIATES

 

アーティストブック

 

『In My Room』蒼穹舎2005年3月17日発行
『鷹野隆大1993-1996』  蒼穹舎 2006年9月30日発行
『ぱらぱら まりあ/としひさ』 Akio Nagasawa Publishing 2009年4月28日発行
『ぱらぱら ソフトクリーム/歯磨き』 Akio Nagasawa Publishing 2009年4月28日発行
『男の乗り方』Akio Nagasawa Publishing 2009年10月16日発行
『カスババ』大和プレス 2011年1月1日発行

ぱらぱら

シリーズ「ぱらぱら(2002/2008)」2002
“2002830a06-31(右)”
“20020830あ06-30(左)”
ゼラチンシルバープリント
Courtesy: Yumiko Chiba Associates / Zeit-Foto Salon

カスババ

シリーズ「カスババ」2004
“040824k”
タイプCプリント
Courtesy: Yumiko Chiba Associates / Zeit-Foto Salon

男の乗り方

シリーズ「男の乗り方」2006
赤いシャツの胸をはだけ、両腕を広げて横たわっている
タイプCプリント
Courtesy: Yumiko Chiba Associates / Zeit-Foto Salon