伊藤 誠
Makoto Ito

彫刻家/sculptor

 

ito_portrait 

FRP(繊維強化プラスティック)、ゴム、ステンレス、鉄など、現代の生活空間で毎日つきあっている素材を使い、彫刻を制作。 ありそうな形と素材の組み合わせが軽妙にずらされていて、現実の空間がぐるりとでんぐり返ったような、不可思議でユーモラスともいえる空間を作りだしている。

 
kohkai-tan 05
1999
リトグラフ 5作品
shina-all
1999
シルクスクリーン / 折りたためる彫刻
shitsudo-kei-portfolio
2000
エッチング 3作品
 
 
 略歴

 

1955 愛知県に生まれる
1981 武蔵野美術大学彫刻科卒業
1981 武蔵野美術大学大学院造形研究科入学
1983 武蔵野美術大学大学院造形研究科修了
1983 A.C.C.(アジアン・カルチュラル・カウンシル)の助成金により
    トライアングル・アーティスト・ワークショップ(ニューヨーク)に参加
1996 文化庁派遣芸術家在外研修(アイルランド)
1997 武蔵野美術大学造形学部彫刻学科研究室就任
1999 現在に至る (教授)

 

主な個展

 

1982 画廊パレルゴン/東京
1983 お茶の水画廊/東京
1984 ギャラリー・マロニエ/京都
1985 秋山画廊/東京
1986 ときわ画廊/東京 (’88)
1989 エスェズ・ギャラリー(現;島田画廊)/東京(’91,’94,’99,’02)
1990 かわさきIBM市民文化ギャラリー/川崎
1992 双ギャラリー/東京(’95,’98,’99,’02) 
1993 村松画廊/東京(’98)
    ギャラリーαM/東京
    ヒルサイド・ギャラリー、アート・フロント・ギャラリー展示室/東京
1995 ギャラリー白/大阪(’01)
1996 桜華書林/長野
1999 ガレリア・フィナルテ/愛知(’01)
2000 ガレリア・キマイラ/東京

 

 主なグループ展

 

1982 現代美術の最前線   画廊パレルゴン/東京
1983 第19回今日の作家展「内面化される構造」  横浜市民ギャラリー/横浜
1988 第24回今日の作家展「多極の動態」  横浜市民ギャラリー/横浜
1991 ねりまの美術 ’91彫刻の現在  練馬区美術館/東京
    INSIDE EYE  東京銀座アートセンターホール/東京、京都アートセンターホール/京都
1992 現代美術への視点・形象のはざまに  東京国立近代美術館/東京、国立国際美術館/大阪
1993 トライアングル・アーティスト・ワークショップ  パイン・プレインズ/ニューヨーク
    3つの拮抗する耳/多田正美・山田恵子・伊藤誠  SOKOギャラリー新木場/東京
1995 現代美術の場と空間「やわらかく、重く」  埼玉県立近代美術館/埼玉
    視ることのアレゴリー、1995絵画彫刻の現在  セゾン美術館/東京
1996 まじめなサーカス/多田正美・伊藤誠  双ギャラリー/東京
    日の出の森を見た作家達  ギャラリー21+葉/東京
2000 越後妻有アートトリエンナーレ 2000  新潟
    ART TODAY 2000-3つの回顧から/伊藤誠・川嶋清・鷲見和紀郎  セゾン現代美術館/長野
2001 DOMANI・明日 2001  安田火災東郷青児美術館/東京
    ヴァイブレーション「結びあう知覚」 宇都宮美術館/栃木

 

 パブリックコレクション

 

1992 東京国立近代美術館
1993 都立荒川工業高等学校
1995 港区高浜運河沿緑地/東京
1997 東京国際フォーラム
2000 越後妻有アートトリエンナーレ 2000/新潟

 

 コミッションワーク

 

1989 モニター・カンパニー/新橋・東京
1991 京王プラザホテル南館/新宿・東京
1994 八王子市立多摩松木中学校/東京
    ファーレ立川アート計画/東京
1995 いすゞ自動車健康保険組合 草津ロッジ/群馬
    松阪コミュニティ文化センター/三重
1996 アーベインふじみ野/埼玉
1997 ティアラこうとう/東京
1999 和光アーバンコート/埼玉
    阪神西梅田ビル/ハービス大阪 第10回 大阪市都市環境アメニティ表彰受賞
1999 福島共同開発ビル/ラグザ大阪 第11回 大阪市都市環境アメニティ表彰受賞
    三輪運輸株式会社本社ビル/兵庫
2000 HAT神戸 脇の浜/兵庫
2001 札幌ドーム・アートグローブ/北海道 

主な取扱い画廊

 

島田画廊 
双ギャラリー 
村松画廊 
アートフロント・ギャラリー