青木 野枝
Noe Aoki

彫刻家/sculptor

 

aoki-PORTRAIT

主に鉄を用いて制作。 大型の鉄の彫刻でありながら、彫刻とともに周囲の空間と光が自由に揺れ動くかのようで、重力を感じさせない。 大きな鉄板から細い線を切り出すように溶断し、それらを溶接して作られた形には、森羅万象の柔らかさやあたたかさがあふれている。 最新作は石膏を用いており、白く大きな有機体が生まれだしている。
エディション・ワークスでは1997年より、銅版画と木版画を数多く制作。

web site →www.aokinoe.jp
 

Sculptor.
Aoki works with iron mainly. The sculptures in iron are so huge. But you wouldn’t feel any gravity from them. As if the light and the air themselves were sculpture that go in and out freely though the shape.
She cut off the thin lines and small circles from big and thick iron plates with the fire.
The shapes welded and built up from those fragments are full of wormth and softness of all nature.
Recent years, she uses plaster as well to create large and organic mass.
At Edition Works, Aoki is making many etchings and woodcuts from 1997.

 
Toufu01
2015
woodblock print
kurotama
2013
etching
tamagumori 6
2011
deep etching, aquatint
suiten01
水天シリーズ/ suiten
2007
etching, drypoint, large etching
tamakagiru 6
2004
etching, woodblock print
kanten 5
寒天 / kanten
2000
etching, drypoint, aquatint
kusudama 7
1999
woodblock print
suikan 3
1998
mezzotint
kame-hasu 6
1997
etching, drypoint, aquatint
kumogaki 4
1997
drypoint
 
 
 略歴

 

1958 東京に生まれる

1981 武蔵野美術大学造形学部彫刻学科を卒業

1983 武蔵野美術大学大学院造形研究科(彫刻コース)を修了

 

 受賞歴

 

1997 第9回 倫雅美術奨励賞(創作部門)受賞

2000 平成11年度(第50回) 芸術選奨文部大臣新人賞受賞

2003 第33回 中原悌二郎賞優秀賞受賞

第20回記念 現代日本彫刻展下関市立美術館(植木茂記念)賞受賞

2009 第19回 公益信託タカシマヤ文化基金タカシマヤ美術賞

2014 第55回 毎日芸術賞受賞

 

 主な個展

 

1989 ギャラリー21+葉/東京(’92,’94,’96,’97,’98,2000,’02,’04,’06,’08年)

1991 永井祥子ギャラリー/東京

<90′s THE NINETIES Vol.31 NOE AOKI青木野枝展>コバヤシ画廊・企画室/東京

ギャラリー白/大阪(’95,’98,’99,’00年)

1994 SHISEIDOGALLERYANNUAL’94 資生堂ギャラリー/東京

アキライケダギャラリー/名古屋

<NOE AOKI sculptures. KUNIE SUGIURA “Nam”>
アキライケダギャラリー/NY

アキライケダギャラリー/田浦

調布画廊/東京(’96)

1995 アキライケダギャラリー/東京

1995 「近作展-19 青木野枝」国立国際美術館(大阪)

1999 GALERIE BHAK/ソウル、韓国

ギャラリーイデア/東京

2000 「青木野枝展 – 軽やかな、鉄の森」目黒区美術館/東京

あーとらんどギャラリー/丸亀(’07年)

2001 <青木野枝・池内晶子2人展>Gallery Article/ケルン

クンサンギャラリー/ソウル

ブリック ワン/東京(’02年)

ガレリア フィナルテ/名古屋(’04,’06年)

2002 花茶館/鹿児島

インフォームギャラリー/金沢

アートスペースジグザグ/鎌倉

2003 「青木野枝 熊と一緒に」 国際芸術センター青森(ACAC)/青森

2004 ギャラリーアルファ/名古屋

アートゾーン神楽岡/京都(’07年)

Mizuho Oshiro Gallery/鹿児島(’08年)

2004 「空の水」 入善町下山芸術の森 発電所美術館/富山

2006 ギャラリーNOW/富山

2007 “Embracing Light:iron”(光を内包する:鉄) in Heyri Art Valley

LEE YOON JIN gallery, HAS II, KEUMSAN Gallery/パジュ市、韓国

一宮市三岸節子美術館/愛知

府中市美術館/東京

ギャルリ百草/岐阜

HIGURE cas 17-15/東京

2008 上海美術館(中国)

金津創作の森/福井

アーティストキャンプ<青木野枝>宮崎県立美術館

ギャラリー・ハシモト/東京(同09)

佐久島/愛知

Keumsan Gallery /北京、中国

2009 ギャラリー・ハシモト/東京

ツアイト・フォト・サロン/東京

2010 gallery 21yo-j/東京

2011 ギャラリー・ハシモト/東京

アートゾーン神楽岡/京都

Mizuho Oshiro Gallery/鹿児島

2012 gallery21yo-j/東京

「ふりそそぐものたち」豊田市美術館・名古屋市美術館

2013 ギャラリー・ハシモト/東京

ふりそそぐもの 大原美術館・有隣荘/岡山

2014 「ロジカルエモーション」/スイス、ポーランド、ドイツ

gallery21yo-j/東京

2015 ギャラリー・ハシモト/東京

 

 主な版画展示

 

1997 「雲垣」「亀池・蓮池」発表 アキラ・イケダ・ギャラリー/東京

1998 「水冠」発表 ビューイングルーム ユミコ・チバ・アソシエイツ/東京

1999 「薬玉」ギャラリー池田美術

2000 「寒天」ギャラリー池田美術個展にて「寒天」個展記念作品ほか版画多数展示 目黒区美術館/東京

2002 アートドキュメント 森の精三人展にて版画多数展示 金津制作の森/福井

 

 主なグループ展

 

1985 「TAMAVlVANT’85」多摩美術大学八王子校舎/束京

1986 第6回ハラアニュアル 原美術館/東京

「現代日本の美術3戦後生まれの作家たち」宮城県美術館/仙台

1987 「ねりまの美術’87一彫刻の現在」練馬区立美術館/東京(’91年)

1988 第7回平行芸術展 小原流開会館/東京

1989 ユーロバリア1989ジャパン現代日本彫刻展ミデルハイム野外彫刻美術館/ベルギー

「鉄の彫刻展千葉’89都市と人間鉄との対話」幕張メッセ周辺/千葉

「第25回今日の作家展/かめ座のしるし」横浜市民ギャラリー

1990 「現代彫刻の歩みIII 1970年代以降の表現一物質と空間の変容」神奈川県民ホールギャラリー/横浜

作法の遊戯1900年春・美術の現在 水戸芸術館現代美術ギャラリー/茨城

「第1回北九州ビエンナーレ」北九州市立美術館

「ファルマコン’90一現代の美術展」幕張メッセ/千葉

1992 「第13回神戸須磨離宮公園現代彫刻展」神戸市立須磨離宮公園

語り出す鉄たちの一今日の金属彫刻から 東京美術館

1993 「大分現代美術展’93都市空間への提言・非常識」大分市

1995 「TOSA-TOSA’95クールの時代美術のノイズ・ミュージック」高知県立美術館

視ることのアレゴリー1995:絵画・彫刻の現在 セゾン美術館/東京

1996 「第6回富山国際現代美術展」富山県立近代美術館

1998 インサイド/アウトサイドー日本現代彫刻の8人 新潟県立近代美術館

1999 第5回瀬戸田ビエンナーレ 広島圏瀬戸田町

開館10周年記念「世界を編む」横浜美術館

2001 椿会展2001 資生堂ギャラリー/東京(’02)

「ヴァイブレーションー結び合う知覚」宇都美術館/栃木

青木野枝・池内昌子2人展 Gallery Article/ケルン・ドイツ

2002 アートドキュメント2002森の精3人展金津創作の森/福井

「美術の力 時代を拓く7作家」 兵庫県立美術館

キッズ・アート・ワールドあおもり2002~こどもの時間~田子町

「TRACES, IMPRINTS AND TALES」日本現代美術展
ケラバ市立美術館他/フィンランド

彼女たちが創る理由 長野信濃美術館

5つのかたちー自然への提示 国際芸術センター青森

「椿会展」資生堂ギャラリー/東京

2003 KIAF韓国国際アートフェア(ソウル)

越後妻有アートトリエンナーレ2003 新潟県越後妻有

第20回記念 現代日本彫刻展 宇都市

金属の可能性を探るー現代作家による作品 高岡市美術館(富山)

「椿会展」資生堂ギャラリー/東京

2004 「椿会展」資生堂ギャラリー/東京

2005 創造のさなかに 練馬区立美術館

椿会展(4月) 資生堂ギャラリー/東京

開館10周年記念展『Space Walking』(4月) 入善町下山芸術の森 発電所美術館/富山

アートプログラム青梅2005/青梅市

「銅版画の地平 – III現代銅版画の交差路」ミュゼ浜口陽三ヤマサコレクション/東京

2006 開館記念展<縄文と現代〜2つの時代をつなぐ「かたち」と「こころ」> 青森県立美術館

「越後妻有アートトリエンナーレ2003」新潟県越後妻有

アートプログラム青梅2005/青梅市

2007 「プライマリーフィールド」神奈川県立近代美術館・葉山

2009 済州国際彫刻プロジェクト(ユミジ植物園・済州島・韓国)

「女性アーティストと、その時代 資生堂ギャラリー90周年記念展」資生堂ギャラリー(東京)

2010 街じゅうアートin北九州2010

Beyond the Border Tangram Art Center(上海・中国)

瀬戸内国際芸術祭(香川・豊島)

2012 「越後妻有アートトリエンナーレ2012」新潟県越後妻有

2013 6月 青森EARTH 青森県立美術館

7月 瀬戸内国際芸術祭(豊島)

8月 あいちトリエンナーレ(納屋橋、東岡崎市)

2014 「ロジカルエモーション」 (スイス、ポーランド、ドイツ)

2015 「越後妻有アートトリエンナーレ2015」 新潟県越後妻有(新潟)

2016 「生への言祝ぎ」 OPAM大分県立美術館(大分)

 

 主なパブリックコレクション

 

伊勢丹相模原店(神奈川県)

宇都宮美術館

大分市美術館

神奈川県立近代美術館

霧島アートの森美術館(鹿児島)

近畿日本鉄道株式会社(大阪)

国際芸術センター青森

国立国語研究所(立川)

国立国際美術館(大阪)

(株)資生堂

瀬戸田町(広島県)

千葉市

豊田市美術館

中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館

名古屋市美術館

新潟県立近代美術館

文化庁

広島市現代美術館

目黒区美術館

原美術館

安田火災海上保険株式会社(東京)

アステラス製薬株式会社

ポーラ美術館(神奈川)

製鉄記念広畑病院(兵庫)

大原美術館

日本生命保険相互会社

 

 関連ニュース

 

2003.11.03 第33回中原悌二郎賞、第20回現代日本彫刻展下関市立美術館賞受賞

2004.10.14 個展「空の水」 /富山県入善町下山芸術の森発電所美術館

2007.04.28 個展「Embracing light:iron(光を内包する:鉄)」 /ヘイリ芸術村

2012.11.04 個展「青木野枝|ふりそそぐものたち」 /豊田市美術館 名古屋市美術館

2013.05.04 個展「青木野枝 ふりそそぐもの-有隣荘」 /大原美術館有隣荘特別公開

 

青木野枝/有燐荘
「青木野枝 ふりそそぐもの-有隣荘」
展示風景
/2013 有隣荘(倉敷/岡山)
12-Toyota04
ふりそそぐものたちⅡ /2012
kamehasu-sclp
「亀池・蓮池」