李禹煥
U-fan Lee

画家・彫刻家/painter, sculptor


PRICE LIST>

 略歴

 

1936 韓国に生まれる
1961 日本大学文理学部哲学科卒業
1991 フランス文化省よりシュバリエ芸術文化賞を受賞
1997 フランス国立美術学校の招聘教授となる(-’98)
2001 第13回高松宮殿下記念世界文化賞 絵画部門受章 
2002 秋の紫綬褒章受章

現在多摩美術大学客員教授(’91~)
パリと鎌倉において活動、在住

 

 主な個展

 

1973 東京画廊/東京 (’77,’80,’83,’86,’95,’99)
1975 エリック・ファーブル画廊/パリ (’77,’80)
1976 m 画廊/ボッフム・西ドイツ (’78, ’89, ’95, 2000)
   「李禹煥の世界」 デュッセルドルフ市立美術館/西ドイツ
   「李禹煥」 ルイジアナ現代美術館/デンマーク
   現代画廊/ソウル (’84,’90,’97)
1986 ギャルリー・ド・パリ/フランス (’89,’92,’95)
1988 「LEE UFAN Ex Orient」 ミラノ市立現代美術館
1991 「LEE 李禹煥 UFAN」 ハラミユージアムアーク/群馬
1993 「李禹煥」 神奈川県立近代美術館/鎌倉
1994 「Lee Ufan」 ムディマ財団/ミラノ
   「李禹煥展」 国立現代美術館/ソウル
1995 「Lee Ufan」 レバークゼン市立美術館/ドイツ
1996 「Lee Ufan」 リッソン・ギャラリー/ロンドン
1997 「Lee Ufan」 ジュ・ド・ポム国立ギャラリー/パリ
1998-99 「李禹煥 全版画 1970-1998」(巡回)三鷹市美術ギャラリー/東京、
     芸術の森美術館/札幌、伊丹市立美術館/兵庫、足利市立美術館/栃木、新潟市美術館  

 

 主なグループ展

 

1969 第10回サンパウロ・ビエンナーレ/ブラジル
1973 第12回サンパウロ・ビエンナーレ/ブラジル
1977 ドクメンタ6  カッセル・西ドイツ
1980 「20世紀の彫刻」  ヴェンケンパルク/バーゼル・スイス
1982 「素描の巨匠たち」 ニュルンベルグ市立美術館/西ドイツ
   「素材と芸術」  ベルリン国立美術館/西ドイツ
1983 「’83ヘルシンキ国際美術展」  フィンランド
1985 「現代美術の40年」  東京都美術館
1986-87 「前衛芸術の日本 1910~1970」 ポンピドゥー・センター/パリ
1992 「韓国現代美術-自然とともに制作する」  テート・ギャラリー/リヴァプール・イギリス 
1994 「戦後日本の前衛美術」(巡回)  グッゲンハイム美術館ソーホー分館/ニューヨーク
1997 「Made in France 1947-1997」  ポンピドゥー・センター/パリ

 

パブリックコレクション 国内

 

いわき市立美術館
美ヶ原高原美術館
宇都宮美術館
大原美術館
神奈川県立近代美術館
岐阜県美術館
京都国立近代美術館
呉市立美術館
高知県立美術館
国際交流基金
国立国際美術館
札幌芸術の森野外美術館
滋賀県立近代美術館
下関市立美術館
セゾン現代美術館
世田谷美術館
高松市美術館
千葉市美術館
彫刻の森美術館
東京国立近代美術館
東京都現代美術館
東京都美術館
栃木県立美術館
豊田市美術館
富山県立近代美術館
名古屋市美術館
新潟市美術館
ハラミュージアムアーク
兵庫県立近代美術館
広島市現代美術館
福岡市美術館
ふくやま美術館
北海道立近代美術館
宮城県美術館
町田市立国際版画美術館
三鷹市美術ギャラリー
和歌山県立近代美術館
川村記念美術館

 

 パブリックコレクション 海外

 

クレラミュラー国立美術館
湖巌美術館
サンパウロ美術資料館
シュツットガルト市立美術館
韓国國立現代美術館
ソニヤヘニーニルスオンスタッド美術館
ドレスデン国立美術館
ニュールンベルグ市立美術館
ニューヨーク近代美術館
パリ市立野外彫刻美術館
プラハ国立美術館
ブルックリン国立美術館
ベルリン国立美術館
ボン市立美術館
ポンピドゥーセンター国立近代美術館
ボッフム大学美術館